DIET

アフターケアが大事

脚

アフターケアをしっかりと

脂肪吸引を受けるとなれば、一番気になるのがダウンタイムの症状になります。脂肪吸引のダウンタイムは、必ずといって起こります。また、施術を行なった部分や普段の生活はどう過ごしているのかによってもダウンタイムの症状が異なります。そのため、事前にどんなダウンタイムの症状が起こるのか知っておかないといけません。症状を知っておくことで、脂肪吸引後のアフターケアを行なえるようになるからです。脂肪吸引は、体に吸引管を入れるためにメスで皮膚を切開します。また、そこから吸引管を入れて脂肪を取り除くので体からすると傷のような扱いになります。脂肪吸引を受ける時は、麻酔を行なうので施術中は痛みを感じるがありません。ですが、施術が終わって麻酔が切れたら痛みが伴います。そのため、痛み止めを処方されます。痛み止めは、錠剤などの飲み薬、座薬、テープ式の痛み止めなどになります。これは、施術を行なった部分によって種類が異なります。医師とよく相談して、効果のある痛み止めを処方してもらうようにしましょう。

タンパク質と水分が大事

脂肪吸引を受けた後の2週間は、タンパク質と水分を十分摂るようにしてください。施術したことでタンパク質が失われてしまうからです。水分に関しても同じで、術後は脂肪吸引した部分が熱くなり水分不足になります。それに、術後の状態を回復させることにもこの2点が必要になります。口コミでも、この2点をしっかりと摂ったことで症状が早く緩和されたという人が多いです。また、口コミにはどんなものからタンパク質を摂取したのかも書かれています。何を食べたらいいのか悩んでいるのなら、口コミをぜひ確認してみてください。他にも、口コミには暫くしたら行なうマッサージ方法についても書かれているので読んでおきましょう。